TOYO’s work styles 東陽での多様な働き方

東陽での多様な働き方

「一生、プロフェッショナルとして活躍したい。」
東陽では、育児・介護に伴う時短勤務/在宅勤務など制度面の充実は勿論のこと、
お互いを信頼し尊重し合う社風から多様な働き方を認め合う風土があります。
東陽ではキャリアもライフプランも両立し、
公認会計士として「一生プロ」を目指すあなたをサポートします。

WELFARE

福利厚生制度

INTERVIEW

インタビュー

イメージ

早めに主査を経験し育休へ

周囲のサポートで安心して復帰できた

イメージ

畠山 明子

Akiko Hatakeyama

2011年入所
監査第2部 シニア

2児の育児と仕事の両立に奮闘中。
夫も会計士なので、繁忙期の理解もあり、家族で乗り切っています。

建築士の父の影響で専門家の道へ

父が建築士の家で育った影響か、小さいころから漠然と「専門家」というものに憧れていました。そして自分の人生の上で、結婚出産もキャリアプランとして実現したいと思っていたので、自分の力でキャリアを継続できる専門家への想いは強くなっていました。
「専門家」の中で公認会計士を目指そうと決め、晴れて合格。東陽の採用面接の際、「会計士とは、プロフェッショナルでもあるしジェネラリストでもある。専門知識を突き詰められると同時に、クライアントとのコミュニケーションも重要な総合的なスキルが求められる。」と話したことを非常に共感されたことを覚えています。

イメージ

心強い周囲のサポート 安心して復帰

私のキャリアのスタートは東陽から。昔も今も非常に人間関係に恵まれています。東陽では、チームメンバーに税務やコンサルに強みを持っている経験豊富な会計士が多く、刺激を受けながら成長できたと思います。また、東陽の規模感が丁度良く、早めに主査も経験できたので、一通り業務がこなせる自信がついた頃に産休に入れた事がよかったです。育休から復職する際には、復帰前の面談で、復帰するチームや復帰後の働き方を相談して調整してもらうなど、復帰を周囲に全力サポートしてもらったので不安はなく復職ができました。

イメージ

長年の信頼関係でコロナ休園も乗り切る

1人目復帰後、2年後に2人目を出産し、今は二人の子育てをしながら時短で復帰しています。お迎えの時間に「上がっていいですか?」と聞く前に、周りの方から「早くお迎え行ったほうが良いから帰っていいよ」と逆に声をかけてもらっていて、快く帰してもらっています。

コロナで保育園が休園になったときも分担の変更や在宅勤務で業務が完結するような調整もスムーズにしてもらえてストレスなく仕事ができています。周りの人が本当に優しいし、長年培ってきた信頼関係もあるのでいざという時もお互いの信頼関係でうまく仕事をまわせていると感じます。東陽は個人のペースを大切にする社風があるので、私も長く勤めることができています。

イメージ

資格がライフプランを叶えてくれた

試験合格から10年経ちましたが、改めて私は監査という仕事が好きだと感じています。分析したりするのも好きだし、会社の人と話すもの好き。専門的な話題も刺激になるし、地味で細かい作業も多いけど、監査のどの側面も楽しんでできる事が多いです。もう少し子供が大きくなったら、仕事内容や役割をステップアップさせて、キャリアも積んでいきたいと思っています。そう考えている私の気持ちも上司は汲んでくれていて、徐々にキャリアアップをするような計画をしてくれています。

振り返ってみて、公認会計士という資格のおかげで、昔自分が思い描いたキャリアビジョン通りに進んでいると感じます。出産・育児後も復帰しやすいし、監査の仕事は何年離れても勘はすぐ戻ると感じました。皆さんが思い描いているライフプランは公認会計士という資格が叶えてくれると思います。安心して目指してください。

PAST INTERVIEW 変わっていくのは働き方。変わらないのは仕事への想い。 星野 奈々 2019年入所 監査第1部シニア TOKYO