イメージ

TRAINING SYSTEM &

PERSONNEL DEVELOPMENT

PERSONNEL

DEVELOPMENT

研修制度・人材育成制度

イメージ

基礎から学ぶ
多角的な研修プログラム

研修制度

東陽では、新入社員の皆さんが入所後、監査業務をスムーズにスタートできるよう基礎から学ぶことができる様々な新人研修を実施してます。
例えば、社会人としての心得を身につけるビジネスマナー講座、監査調書の作成実務などの基礎研修、さらには実務に即したExcel・Word講習まで、皆さんがいち早く監査現場で活躍できる万全なプログラムを用意しています。
入所すぐの新人研修以外にも、8月に夏季研修が行われます。現場を経験した分、新人研修より理解も深まり面白く感じるはず。先輩スタッフとの合同ディスカッションでは論理的思考力も磨かれ、入所時より成長した自分に気付けるでしょう。また、年間を通して品質管理上重要なポイントもeラーニングでマスター。監査知識も適時ブラッシュアップ可能です。

人的研修

  • 新入社員研修

    監査の流れから各監査手続について研修します。

  • 英会話

    外部スクールへの割引制度が充実しています。

  • ビジネスマナー研修

    入社後はすぐに外部講師によるマナー研修があるので
    社会人経験がなくても安心です。

  • 労務管理研修

    部下の労務管理を適切に行えるよう、
    外部の弁護士の講師による研修です。

  • Excel・Word研修/ITパスポート試験対策研修

    監査業務に欠かせないIT知識を
    基礎からレクチャーします。

  • クリティカルシンキング養成研修

    マネジメントに必要とされる思考力を磨く為、論理の
    正しさや課題を検証し、テクニックを身につけます。

会計・監査

  • 監査基礎講座

    会計システムや基幹システムの
    一般例について研修します。

  • 内部統制/サンプリング

    『リスク評価全般とJ-SOXとの関係』やExcel等を
    用いたサンプリングについて研修します。

  • AI/IT/監査ツールを用いた監査実務研修

    仕訳テスト等で有用な監査ツールについて
    研修を行います。

  • インチャージ研修

    経営者等とのディスカッションや社内審査、
    予実管理等のマネジメントについて研修します。

長期的な
キャリアアップをサポート

東陽では、職位に応じて必要とされる知識や能力を習得できる職階別の研修の充実に力を入れています。
会計・監査に関する講義だけでなく、プレゼン実務やコーチングなど、ビジネスに直結するヒューマンスキルも身につきます。

研修の多くはeラーニングで適時に受講可能

修了考査受験対策

公認会計士登録まで法人全体でサポートしています。

  • - 初年度の修了考査専門学校費用(150,000円程度)及び受験料(28,000円)法人負担
  • - 特別休暇として修了考査のための試験休暇(10日)
  • - 修了考査試験前期間の残業抑制
  • - 自習室の開放(就業前、終業後、休日)

人材育成制度

研修制度

東陽監査法人には新入社員を様々な形で育てていくシステムがあります。 初めての仕事には不安になることがたくさんありますが、先輩職員たちが複数名でしっかりサポート。皆さんが一人前の公認会計士になるまで、実務面や知識面、さらにはメンタル面もケアしていく仕組みがあります。
安心して東陽でキャリアをスタートさせてください。

新人教育システム

キャリアアップサポート

  • 修了考査専門学校費用負担
  • 修了考査前の試験休暇 /残業抑制
  • 修了考査やIT試験の受験料負担
  • 自習室の解放
  • 各種資格取得支援制度
  • クリティカルシンキング養成研修
イメージ

「プロの会計士」になりたい。

その気持ち、しっかり

支えてくれます

イメージ

大久保 佑美

Yumi Okubo

2020年入所
監査第2部 ジュニアTOKYO
旅行が好きなので、コロナ禍が収まったら行きたい。沖縄とかいいですよね。現在は家でまったり好きな事をして過ごしています。

学校監査への興味で東陽へ

公認会計士を目指すきっかけは母親のアドバイスです。あるとき母が公認会計士の方と話す機会があったようで、自分の娘の職業としていいのではないかと思ったそうです。そのまま大学の会計学科に進み、試験合格後に初めて入所した法人が東陽監査法人です。初めは大手志向でしたが、いろいろ見て回ろうと思い、準大手を視野に入れたところで東陽と出会いました。
入所の理由は、興味があった「学校監査」が多かったから。実は両親が学校関係の仕事に携わっていたことで、学校の経営に興味を持つようになりました。東陽は準大手の中では、公会計のクライアント比率が高めなのですが、入所後実際に学校監査に関わることができました。自分の想いを実現できてとても満足しています。

イメージ

何でも教えてくれるトレーナー

試験を突破し、苦労して入った監査法人。新人の不安というと、何か仕事で分からないことがあったときに、誰に聞けばいいのか悩んでしまうことではないでしょうか。質問しないままにしておくと、業務に支障をきたしたり、自分のスキルを伸ばせないことになります。東陽監査法人では、そんなことはありません。東陽のOJT制度は、自分専属のトレーナーが付いて、気軽に質問したり、仕事の相談ができます。試験勉強で学んだことと実務の違いに、最初は戸惑いもありましたが、OJTトレーナーからのアドバイスはとても的確で役立ちました。
東陽のOJT制度では新人が経験すべき仕事内容があらかじめ決められおり、自分でも、その内容をクリアできているかどうかが分かるように設定されています。
クライアントの状況や業種の特性上、経験できない項目も出てしまうこともあり得ますが、そんなときはその項目を経験するためトレーナーが他の監査チームに入れるよう掛け合ってくれます。
私は現在、入所してから2年経過したJ2の段階にいますが、基礎的な仕事内容は一巡し、着実にスキルを伸ばしていると実感しています。ステップアップが実感できる東陽のOJT制度で、私の目指す「プロの会計士」に近づいている真っ最中です。

イメージ

心強いメンターと修了考査
サポート

新人時代にはもうひとり、メンターと呼ばれる「助言者」が付いてくれます。新人・若手スタッフの成長を促す役割があって、監査現場での状況を把握しアドバイスをしてくれます。仕事上で関わらない他部門の先輩がメンターになってくれるので、監査法人内での横の広がりを感じられますし、プライベートな話などもして気分の発散ができています。
また、他部門ということもあり、監査現場で直接相談できないような悩みについても率直に相談することができ、非常に心強い存在です。

他にも東陽には、新人をサポートして育成する仕組みが整っています。例えば補習所の修了考査に向けて、専門学校の授業料や受験料が法人負担だったり、考査の2ヵ月前には勉強場所として会議室を自習室として提供してくれます。試験直前期には仕事量を調整して勉強に専念できるよう配慮してくれるので、修了考査に集中できる環境が作られていると思います。私のトレーナーは、補習所の試験内容についても快く教えてくれました。
このように、東陽には新人が着実にプロの会計士になれる支援制度やさまざまな経験が積めるチーム配属の仕組みがあります。

イメージ

人との関わりが成長につながる

制度とは別の話ですが、私が日頃仕事で大切にしているのは「相手に関心を持つ」ことです。人間関係を円滑にするだけでなく、いろいろな話が聞けるチャンスでもあります。東陽には税務や経営など、いろいろなバックボーンをもった方が多いので、自分が興味のある分野を深く知ったり、目指したいキャリア形成に大いに役立ちます。
こうした人間関係を作りやすい雰囲気があるのが東陽の良さです。これから先、先輩方から学んだことを発揮できる機会が多くなると思っています。