CAREER

東陽で働く わたしの履歴書

東陽監査法人には様々なバックグラウンドを持ったメンバーが数多く働いています。
試験合格から入所に至るきっかけ、現在どんな仕事をしているのか。
「実際のところ、どうなの?」とメンバーの本音を探りに採用担当がインタビューします。

東陽だからできる「いい監査」とは。

Oさん40代/男性 東陽歴:2年 趣味:犬の散歩と読書

大学卒業後、試験合格→大手監査法人→東陽監査法人へ

--本日は大手監査法人から東陽に転職してきたOさんに、転職までの経緯と東陽に実際入社してからの感想についてお聞かせ願いたいと思います。よろしくお願い致します。

こちらこそよろしくお願いします。

--まず、Oさんは大学卒業後すぐに論文式試験に受かられて、大手監査法人で15年以上お勤めですよね。大学生のうちから公認会計士を志した理由を教えてください。

私は大学付属の高校からそのままエスカレーターで大学に入学したので、受験勉強をしませんでした。大学に入学して、周りの受験勉強をしてきた人を見て、自分はこのまま大学生活を送っていいのだろうか、という気持ちがあって…。そんな中で、学校のOBの講演があり、それがたまたま公認会計士の方だったんです。話を聞いて、これは大学生活をかけてトライする資格だなと感じたのです。それからダブルスクールで卒業後1年目で合格し、大手監査法人に入所しました。

--それでは、大学1年生の時から公認会計士の勉強を始めたのですね。早いですね!それから、大手監査法人に入所されてどうでした?

大手監査法人では国内監査部で上場会社の監査に従事していました。私は公認会計士の中ではもしかしたら珍しいかもしれませんが、同じ会社でずっと長く働けたらなという思いが強く、当時はドメスティックな環境を好んで国内監査部門を希望しました。

--なるほど、それで希望通りの配属になったわけですね。

はい。でもそのうち、クライアントごとに監査のやり方や雰囲気がバラバラであることに疑問を感じ、何か業務改善に貢献出来ないかと思うようになってきました。

--Oさんは業務改善意識が強いですよね。大手にいらっしゃった時は品質管理やITのお仕事も多く担当されていらっしゃったと伺いました。

そうですね。監査の効率化のためにはまずはIT化だろうと思い、シニアの頃から10年以上にわたり携わってきました。ただ、長く従事するうちに、効率化のためにIT化を進めたはずが、結果的に効率化にはあまり結びつかない状況に色々と思うところがありまして・・・

--自分だけではどうにもならない部分もありますものね。転職先に東陽監査法人を選んだのはどのような理由からですか?

私は、高品質な監査のためにはまず何よりも時間的な余裕が必要だ、と思ってきました。そして、常に“伸びきったゴム”のような状態で仕事をしていることにずっと強い危機感を感じて続けていました。
実は、東陽監査法人には学生時代からの友人も多く在籍しており常に情報交換はしていたのですが、改めて話をよく聞いてみると、時間管理が徹底しており、非常に「ゆとり」をもって仕事に臨んでいる。長時間労働を美徳としない東陽監査法人のカルチャーは、私にはとても新鮮で、自分の目指していた監査環境に近いのではないか、と徐々に思うようになり転職を決意しました。

--なるほど。実際に転職してみて東陽監査法人の印象はどうですか?

監査業務の進め方に関しては、非常に満足しています。東陽は一つのグループで主査10人くらいなのですが、横のつながりが強くて、風通しがいいというか。チームワークがいいなと感じますね。みんな顔見知りなので、アサイン調整も効率的だし。またキャリア面でも、私のような大手出身者もいれば、生え抜きもいて、長い人もいれば最近入った人もいる。誰でも溶け込めるような雰囲気はあります。ただ、まだ部門やチームによってばらつきがあるようなので、そこは課題点ではあります。

--中途入社の方も入っていきやすい空気はありますよね。

規模的にちょうどいいんですよ。特に監査をじっくりやりたいなという人はすごく向いています。年次が若いうちは無駄な会議もないし、急な召集もない、ゆとりがあるアサインを組んでいるのでしっかり監査に向き合えていますね。また、クライアントも上場会社から公開準備会社まであり、業種も幅広く、バランスよく成長したい方にはおすすめしたい環境です。もっと言えば、アドバイザリーや営業スキルなど、自然に身に着けられることはたくさんあります。そういった面では「コレ」という専門性だけもっていればいいというわけではなく、バランス感覚が重視されるので、そこに対するプレッシャーはありますね。

--分業化が大手より進んでいないという面はありますが、その分色々な経験ができそうですね。業務改善の面ではいかがでしょうか?

東陽監査法人でもAIや監査ソフトウェアの導入の検討などIT化・効率化の業務に携わっています。大きな違いとしては、社内のコミュニケーションが円滑で、承認や意思決定が信じられないくらい早い。転職して2年以上経った今でもそのスピード感に圧倒される時があります。データ分析、AIの部分は資金力のある大手が先行しているのが実情ですが、スピード感を武器に遅れを取らないようにやって行きたいな、と思っています。

--Oさん、貴重なお話をありがとうございました!

ママ会計士 東陽で叶えた管理職と子育てとの両立

Tさん40代/女性 東陽歴:6年 趣味:料理(週末の作り置きを短時間で何品できるか訓練しています)

大学卒業後、試験合格→大手監査法人5年→産休育休→大手復帰後すぐ退社→東陽監査法人へ

--本日は小学生の子育てしながら公認会計士として働いていらっしゃるママさん社員のTさんに、働き方はもちろん、子育ての両立について色々インタビューしたいと思います。よろしくお願いいたします。

こちらこそ、よろしくお願い致します。

--大手監査法人で産休育休を取って復帰された後、東陽監査法人に入所されたんですよね。その流れやきっかけを教えていただけますか。

はいそうです。大学卒業後、大手で勤務している時に結婚、出産を経て復帰しました。その頃の大手ではもちろん産休復帰した方もいらっしゃいましたが、今と違って制度も整っていなくて、繁忙期には復帰前のような働き方を強いられていました。共働きだったし、正直しんどいなと。

--お子さんがまだ小さい中で、前と同じようにはできませんよね…

大手の時の監査法人で働く知り合いは早い人は1年で復帰しますが、一度退職するケースもあります。退職した場合の復帰は、幼稚園に入るタイミングなのかなぁと。

--今は保育園不足の問題もありますし、ブランク期間を作るのも怖いですよね。

そうですね。私も大手で復帰してみたものの、この生活を続けるのは辛いと思い、環境を変えてみようと、東陽に転職してみました。

--実際大手と東陽と比べて働く環境はどうですか?やはり大手のほうが厳しいでしょうか。

実際は種類が違うだけで、どっちも厳しいとは思うのですが、『知ってる厳しさ』と『知らない厳しさ』というところで『知らない厳しさ』の方を選んだという感じですかね。ただ、正直、もっと東陽はゆるいと思っていました(笑)

そこから子供も大きくなってきて、今はマネージャーの仕事もやっていますが、周りの方に助けられてなんとかやっている生活です。

--Tさんはマネージャーとしてバリバリ子育てとお仕事をこなしていますが、同じママさん会計士の方が入社されたら、東陽監査法人ではどんな活躍ができるとおもいますか?

その人次第だとは思いますが、もちろんプレーヤーとしてもマネージャーとしても、やっていける環境ではあると思います。東陽は本当にいろんな方が働いているので、自分が望めばいろいろな働き方ができる場所ではあると思います。安心してください。

--基本は定時の18時には帰れますので、都内近郊の保育園なら送り迎えが可能なんじゃないでしょうか。あとはやり方次第で時間の融通や働き方の相談はできると思いますね。Tさん、今日は貴重なお話、ありがとうございました。

監査以外のキャリアを生かし、東陽へ

Sさん30代/男性 東陽歴:2年 趣味:子供と公園で野球をすること

大学卒業後、試験合格→大手監査法人5年→会計事務所6年→東陽監査法人へ

--本日はSさんに転職までの経緯と東陽に実際入社してからの感想についてお聞かせ願いたいと思います。よろしくお願い致します。

こちらこそよろしくお願い致します。

--まずは、論文式試験に合格されてから、大手監査法人に入られた経緯について教えてください。

私の場合は合格したのが2005年です。その時は就職環境も良く、周りに中堅監査法人へ行く人もいなかったので、迷わず大手監査法人を選択しました。今思えば、正直、将来に対する具体的なビジョンも無ければ、監査業務が自分に合っているかどうかもわかないまま『無難な選択』という意味合いが強く、大手監査法人を選択したに過ぎないです。

--そうですよね。就職環境が良いとそうなりがちですよね。今振り返って、というよりはその当時、その大手監査法人での業務についてどのような印象をお持ちでしたでしょうか?

仕事をこなしながら、監査は確かに得意になったと思うけど、監査以外何が出来るんだ?と考えた時にかなり不安がありました。また出来る先輩を見て、どうすれば、こうなれるんだ?と考え試行錯誤に終始していた感じです。

--監査以外のスキルが身につかない事に不安に思われて、その後につながるわけですね。

はい。結局大手監査法人で5年経験した後、中小の会計事務所に転職し、「作る」作業をしました。入社当時は、税金とか正直、よくわかっていなかったです。伝票入力をしたこともなかったですし…。仕事自体は本当に大変でしたけど、とてもいい経験になりました!また、監査法人のお客様と違い、世の中の縮図を知れる良い経験にもなりました。俺も独立したら、こういうお客様とうまくやっていかなければならないんだな。と

--その後、東陽に入られたわけですよね。まず、なぜ、監査法人に戻られたのでしょうか

はい。税務は一通り経験できたし、会計士として監査の仕事をまたやってみたいなと。あと、結婚して子供もできたので、年収の面も考えて、監査法人に戻る選択肢もいいかなと思いました。

--ライフスタイルが変わるタイミングでもあったわけですね。監査法人に戻るとして、大手と中堅監査法人と選択肢があるわけですが、中堅監査法人を選んだ要因はなんでしょうか

私が大手にいたときは中途で入った先輩方が大変苦労されていた印象がありました。時代が上場バブルだったこともあり、中途入所の先輩は、上場したての会社の対応でとても忙しくしていた印象が強くて。当時、私は補助者で参加していただけですが、先輩のように主査の立場であれば長続きは無理だろうと思ったのです。

--そこで中堅監査法人の選択肢がでてきたわけですね。その中で東陽監査法人を選んだ理由はありますか?

はい。正直言うと…入所前は、東陽監査法人が素晴らしい監査法人であるという印象はなかったです。

--率直ですね!(笑)

はい…。たまたま、私の大手監査法人時代の知り合いは辞めて東陽へ行く人が多かったのです。そして、東陽は中途入所者が多いという情報があったので。

--実際、東陽に入られて事前の印象との違いはありましたか?

中途入所者が働きやすい環境は間違いなくあります。東陽は生え抜きの人が大手に比べるとかなり少ないので、いい意味で中途の職員に慣れている感じがしました。ただ、クライアントからすると、新しい人が入ってきたな、という感じは結構あるのかなと。

--それはどういうことでしょう

大手だと…、といいますか、自分が所属していたグループだけかもしれないですけど、クライアントからの要望で一番多かったのが人の固定化でした。毎年担当者が変わることで、同じ説明をしなくてはいけないクライアントは大変ですよね。その点、東陽は監査メンバーの入れ替えが少ないため、クライアントからすると、新しい人が来たなという感じは大手の時より、強いのではないでしょうか。

--なるほど、クライアントからすると、東陽の会計士とは長い付き合いの方が多いわけですね。

そうです。東陽の場合、ベテランの会計士でもパートナーにならず、現場を好む人が多いです。希望すれば長い間、同じクライアントに行き続けるということが可能にさせるのだと思います。それが、良いことか悪い事かと言われると当然、両方あると思いますが。監査の品質を担保することは大前提ですが、クライアントと良好な関係が築いている点は東陽の長所だと思います。

--監査の品質についてはどう思われますか?

品質については、一概には言えないですけど、まだまだ品質を上げられる余地はあると思います。ただ、伝えたいのは誤りを発見するまでのプロセスは大手の方が優れている気がする一方で、検討事項とかそういうのになってくると、東陽は強い人が多いような気がします。

--そうなんですね。詳しく聞かせてください。

大手の方が監査は強いけど、東陽の方が会計は強いという印象でしょうか。なぜ、強い人が多いかは…。個人個人が自分の意見に自信はあるけど確信が持てないという状況があったとします。東陽では、そういう状況において、どんどん意見交換するような環境があるように思います。その環境が会計に強くさせ、検討事項に強い人が育つ要因なのかと思います。

--バックグラウンドが様々な人が集まっているから意見出しが闊達だと。

そうです。また、例えば自分の場合は周りから見て、会計事務所出身だからという前提があり、税金とかでわからないことがあったりすると聞きやすいと思うんですよ。当然、監査法人だけしかいない人よりは知っているだろうということで。大手にいた時も、SE出身者には当然ITの事を聞いてもよかった。あの感じに似ていると思います。だからわからない事はどんどん周りに聞いて欲しいですし、一方で誤りを発見するまでのプロセスのレベルは上げていって欲しいです。

--他にも東陽の特徴はありますか?

おおらかな人が多いかなという印象ですね。税務とか監査以外のこともできる人が多いからでしょうか。よくも悪くもガツガツしている方はあまりいないような気がします。私自身も自分のペースで仕事ができているし、仕事以外のことで振り回されることはあまりないですね。

--私は東陽の良いところも悪いところも十分に理解できました。本日はありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございました。