イメージ

東陽は多様なバックグラウンドを

持つ専門家集団

イメージ

星野 奈々

Nana Hoshino

2019年入所
監査第1部 シニアTOKYO
休みの日は家族で遠出することが多いです。今年の夏は娘たちを海やプールに連れていく予定です。
子育て中の職員も多いので、家族でのお出かけスポットやおすすめの習い事など、育児に関する情報交換ができるのが嬉しいです。

生涯働き続けるため 柔軟なライフスタイルを求めて

新卒で半導体関連部材の製造を行う会社の営業職を経て、仕事へのこだわりと安定を両立するため、公認会計士を目指しました。手応えを感じたところで退職して勉強に専念した結果、論文式試験に合格し、大手監査法人に就職しました。9年間とても充実した監査法人生活を送りましたが、2人の子育てをする中で、より柔軟な働き方を求めるようになりました。そのような時に、東陽監査法人の懇親会に参加する機会があり、パートナーに「子どもの小さい時期はペースを落として働く選択も尊重し応援したい。子供の手が離れたらまた思いっきり仕事をしてください。」とうれしい言葉をいただきました。ライフスタイルに応じて柔軟に働き方を選択できる環境を魅力に感じ、2019年に東陽へ入所いたしました。

イメージ

多様なバックグラウンドを持つ専門家集団

東陽に転職して感じたことは、様々な経歴の方々が集まっている、専門家集団だと思いました。多様なバックグラウンドがある方が多いので、会計士でありながら、経営者や経理経験者からの別の視点から意見をもらえます。必然的に会計士として経験値の高い方々が多いため、現チームに配属になったとき、チーム員の層の厚さに驚きました。その人材の多様性こそが東陽の魅力であり、強みだと思います。日々の会話から、会計士としてできる事がこんなにもあるのだという事を周りに教えてもらい、正直今後の会計士人生にわくわくしています。

イメージ

監査の幅が広がる

現在の職位はシニアで、上場会社のインチャージ業務をメインにしています。東陽に入所して初めてIPO監査のクライアントにも関わり、昨年上場をすることができました。上場準備やその後の監査業務の中で、新しい仕事に携わることもでき、会計士として一つ上のステージに上がることができたと感じています。以前から興味があった非営利のインチャージも希望が通り、兼務しています。東陽に入所してさらに監査の幅を広げる事ができていると実感しています。

イメージ

努力の先には豊かな仕事環境が

公認会計士という職業は、会計監査以外にも多岐に渡って活躍できるフィールドがあります。選択肢がたくさんあるということはそれだけ、将来に自由があるということではないでしょうか。特にライフプランとして働き続けたいと思う女性にはおすすめの職業かと思います。子どもを2人産み、産休育休を取得し、働き方を変化させたいと転職ができたのもこの資格があるからこそだなと実感しています。もちろん、資格取得はとても大変ですが、人生50年近く働くことを考えると、数年の苦労で豊かな仕事環境を得られると思えば損はないと思います。みなさんを応援しています。

Interview all