イメージ

監査の現場をリードする

インチャージ

イメージ

深沢 研一郎

Kenichiro Fukasawa

2013年入所
監査第3部 シニア
「Jの広場」の講師をやり続けるうちに若手メンバーたちと気心が通じ合い、みんなで温泉旅行へ行く仲に。草津や箱根で楽しいひとときを過ごしました。今後、仕事で協力し合える関係になればと思います。

大手監査法人に内定、でも東陽へ

自分は何ができるか、社会に出てどうするかを問い続け、胸を張ってこれができると言えるもの、得意なものを身につけようと思い、公認会計士になるべく、大学卒業後に専門職大学院へ進みました。その後の就職活動では、大手監査法人も魅力でしたが、中堅監査法人は個性や特徴があって、大手にはないものを感じました。中でも東陽監査法人は“雰囲気”が良かったことが印象的で、説明会や面接でのやり取り、先輩社員と接するうちに自分が必要とされていると感じました。働き方の自由さや裁量の広さもあり、この法人なら早く責任ある立場になれそうだ、自分の希望が叶いそうだと思いました。

イメージ

鈍感力を発揮してチームをまとめる

私が管理するメンバーは、皆さん私よりも年上の経験者ばかり。このことからも、東陽は年功序列ではなく、ゆるやかな組織で成り立っていることがわかると思います。私は、部下を統率してプロジェクトを成功に導くリーダータイプではありませんが、持ち味と言えば、物事を前向きに捉え、何を言われてもくよくよしない“鈍感力”です。私の考えだけで物事を進めずに、メンバーに任せていくタイプの運営をしています。皆さん私よりもキャリアが上ということもあり、業務に細かく指示を出すよりも、個々人の経験や能力、得意分野を活かして仕事を進めてもらったほうが、効率が良いからです。では、私は何をしているかというと、全体の方向性を示しつつ、メンバー同士の協力を促し、仕事をやりやすい環境をつくること。その実現のために、あらゆる調整を行い、あらゆる課題を解決します。
インチャージになってからのほうがやりがいは大きいですね。上司・メンバーとの関係づくりやクライアントとの交渉、プロジェクト全体の管理など、ひと言では説明できないほど業務は多面的で面白い。クライアントと監査法人では立場が違うため、ご要望と我々の対応にはズレが生じることがあります。そこにどういった解決策を提示するかがインチャージの腕の見せどころです。インチャージになって1年間、担当する上場企業の四半期毎の決算に監査意見を出せたことで、自分としても飛躍した年となりました。
東陽の魅力は、現場で学べる機会が多いことです。失敗の過程だって見ることができる。そこから対処法を学び、自分のものに吸収すれば自然と成長のスピードは早くなります。

イメージ

期待に応えたい気持ちがやる気に

入所すると、ジュニアスタッフとしてさまざまな監査チームに所属し、合計10社に及ぶクライアントの業務に関わりました。苦労の多かった3年間でしたが、クライアントへの対応やチーム運営のスキルがいち早く身につきました。この経験があって早い段階でインチャージ(主査)という、監査業務の現場責任者の役に就きました。同期の中では最も早い昇進でした。上司から「やってみるか」と肩を叩かれたときは自分の力が認められてうれしかったのですが、少し早いかなという不安もありました。果たして自分にインチャージが務めるだろうか。緊張感を抱きながらも、期待に応えたい気持ちが仕事の意欲へと変わっていきました。

イメージ

ここは人とのつながりを持てる場所

入社3年目までのジュニアスタッフへの研修の一環として、東陽では『Jの広場』という講習会を定期的に開いています。私もその講師の一人として実査のやり方、倉庫の棚卸しの立ち会いなど教えたのですが、若手社員の皆さんとは仲良くなり過ぎて、一緒に温泉旅行に行ったこともありました。こうなると講師と生徒ではなく、ただの友だち関係なのですが、このように上下の分け隔てなく、人とつながりを持てるのも東陽の魅力の一つです。
東陽は、強いカラーを持った監査法人ではありません。けれども、ここには自分のやりたいことをやらせてもらえる環境があります。公認会計士の道に進むのなら、就職活動で大切なのは「自分はどうしたいのか?」という問いです。周りの流れに乗って、なんとなく応募・面接するのはよくないと思います。早くプロになりたい方、強い意志を持っている方は、ぜひ、東陽監査法人を体感して、自分の将来をイメージしてください。

Interview all